FC2ブログ

他力本願

ペナントでいい選手が育たない。

特に投手はほかの選手との兼ね合いから能力が伸びきらない選手が出てきてしまう。

そんな時に使うのがトレード。投手はお金を積めば選手をとれる。

特に速球派などは他球団に有力な選手がいれば金銭トレードで獲得してから留学などもありかもしれない。球種も増やしてくれるのでそこもうれしい。

あ、CPUは結構早めに留学行かせたりすることがあるのでそこは注意。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前回コメントを書いた者です。オフに安田か富山のどちらかを留学させるかで迷っています。

安田 154kmコントロールBスタミナAカーブ3フォーク5
富山 弾道3ミートDパワーA走力D肩力D守備力C
富山抜けると打撃力が落ちるのも悩みでかつ既に走力と肩力が成長限界に達しています。
しかし、安田のこの能力ならコーチ練習やっとけば留学させなくても良いのではないかと考えてしまって悩むんです。
どうかアドバイスお願いします。

Re: No title

コメントありがとうございます。

プレーしているソフトが15なら安田で。15は打高ですし練習でもミートがDならまだ伸びます。2009だとミートがDを超えると途端に伸びなくなるので富山を。

留学前で能力の限界を迎えているのであれば他の能力が限界を迎えていなければ帰国が早まるってことはないのかな…?
ちょっとミートや守備あたりが怪しそうですね。9月1日や8月中旬での帰国は難しいかもしれません。したとしてもさほど伸びないということが起こるかもしれません。
留学させたい選手は得意な能力だけ伸ばすのが留学前はいいのかもしれません。

自分は究極まで強い選手を作りたかったので安田を留学に行かせましたが、チームの層を厚くしたいというのであれば安田は留学に生かせなくても十分強い選手なので他の選手を行かせたほうがいいのかもしれません。

投手は特に留学に行かせなくても活躍してくれるので…まあ留学に行かせたほうが能力が伸び、より活躍しやすくなり、その分選手としての寿命も延びるんですかね。
まあ120kmコンスタG総変3とかでも特能次第で普通に50試合投げて1~2点台とかの成績を残すので、投手の場合は本当に伸ばしたい選手じゃないといらないのかもしれません。
かといって野手ばかり留学させても選手がだぶつく恐れがあるのでバランスを見てですね。
プロフィール

LAPHROAIG

Author:LAPHROAIG

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR